私が法律家に聞いてみたい事というと、税金のことです。

法律家に聞いてみたい事
法律家に聞いてみたい事

私が法律家に聞いてみたい事というと、税金のことです

★ 34歳 男性
私が法律家に聞いてみたい事というと、税金のことです。
私たちは日常の生活の中で、さまざまな税金を払っています。消費税や所得税など、家計の圧迫を招くケースもあります。
最近とても気になっていることでは、相続税のことです。
現状すぐに相続ということにはなりませんが、いずれ親の遺産を相続するわけで、とても広い土地を親が所有しているので、相続税もとても大きな額になるのではと不安です。

現金であれば計算しやすいですが、土地というとピンときません。正確にどの程度の広さの土地を持っているか把握しておらず、山や農地がほとんどだと思うので、どれくらいの評価額になるのか検討がつきません。相続時の節税対策などを法律家に聞いてみたいです。

税金のことはとても難しいイメージがあり、税金の種類もさまざまです。
いつか自分で調べようと思いますが、専門家に聞くのが一番の近道のように感じます。機会があれば聞いてみたいのが税金の内容です。

私は結構ニュースをチェックしています

★ 34歳 女性
私は結構ニュースをチェックしています。また、私の家族は最近、国家試験を受けました。
その2つを通して、普段は気にならない法律用語を見聞きしました。
その言葉をとっても、普通の人が使う言葉なのですが、その意味は普段の日常生活で使われている意味とは全く異なり、その言葉の意味や、何のために使われるのかを理解して覚えることが必要となります。
それで、私としては、単純にどうしてこういう細かな法律が出来たのか、ということから、大きな問題でもなぜ上訴していって、最終的に大きな裁判で判決が逆転して決まることがあるのか、など聞いてみたいことがあります。もっと身近なこととしては、この法律用語はどういうことなのか、と尋ねてみてしまうかもしれません。そして、勉強法もです。
この用語はどう理解して覚えたら良いのか、普通の人はどこまで知っていたら良いのか、などです。

政権の今の話題については、これも単純に一政治家としてはどう考えているか、国、市民に、そして自分にはどんな影響があると思うかなどがあります。そして、個人としてどういう思想があって、これからそれはどのように役立つと思うかを尋ねてみたいです。